内蔵マニピュレーション

現在行われている内臓マニピュレーションはフランス人オステオパシードクターのJ.P.バラル先生によって確立されました。
内臓マニピュレーションでは内臓には2つの動き(呼吸による可動力、内臓自体の自動力)があり、それが動かなくなることで病気になると考えました。
内臓マニピュレーションではその動きを手技によって回復させ、健康を取り戻す手伝いをします。
内臓マニピュレーションは内臓の働きを良くし、消化不良、便秘、下痢などの内臓不調だけでなく、内臓からくる体の歪みを取り除くことで、肩の痛み、神経痛などにも効果があります。


Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com