オステオパシーって何?

「Find it,fix it,and leave it alone」

オステオパシーって何に効くの?

オステオパシーで効果が期待できる症状として主に、
腰痛・肩こり・頭痛・神経痛・肩の痛み・膝の痛み・背中の痛み・顎の痛み・自律神経の症状 などが挙げられます。
いずれも自律神経の異常からもたらされる体の緊張が原因の場合であり、骨が変形したり手術で癒着しているものなどは適応外になっています。
しかし、完全に治らなくても生活するのが楽になったという声は多数ありますので、あきらめずにご雑談ください。

見つけて、矯正して、あとは放置しなさい

オステオパシーは1878年にアメリカのカークスヒルで、メディカルドクターであったアンドリュー・テイラー・スティルによって作られた矯正法です。
オステオというのはギリシャ語で「骨」、パシーはギリシャ語のパソス「治療」からとっています。
「骨の治療」という意味になります。カイロプラクティックがギリシャ語のカイロ「手」、プラクティック「技術」から来ているのと同じようなもので、やっぱり昔は医療といえば古代ギリシャ人のヒポクラテスが発祥と言われてますから、医学=ギリシャって考えがあったんでしょう。

スティルはもともとは通常の投薬治療を行ってましたが、自分の子供を救えずに死なせてしまったため、薬で病気を治す治療に限界を感じて、人間の本来持つ免疫力(自然治癒力)に目をつけたわけです。
当時の薬は抗生物質も無く、どちらかと言えば「毒をもって毒を制す」 、「二日酔いには迎え酒」みたいな感じでしたから、あんまり効果が無いどころか体に悪いものが沢山入っていました。

スティルは「世界中の薬を海に流せば、人間にとって最大の幸せ。魚にとっては不幸だけどね」って言っています。
現代は薬も良くなって、副作用も少なくなって本当に助かってますが、やっぱり飲まないで済むのにこしたことはない。
そうやってできたのがオステオパシーです。

現在のオステオパシー


オステオパシーが認知されだしたのはやっぱり戦争の影響です。
軍医として連れて行かれたドクターの後をオステオパシードクターが役割を果たしたこと。インフルエンザが流行した時に、メディカルドクターよりも効果が出たことを引き金にアメリカでの認知度は上がりました。
だから、もともとオステオパシーは、感染症の治療として作られたんです。
いまでも、風邪などの感染症、内科疾患、婦人病、糖尿などにも有効って言われていますし、実際に私がならった先生は、アメリカの呼吸器系の病院で働いてました。

でも、認知度が上がるとやっぱりメディカルドクターが患者を取り戻すために「怪しい医療行為はやめろ!」と言い出すわけです。これは100年たった今でも同じですよね。「どんな効果もたまたまだ!」「効果に根拠がない!」って。それも実力で取り戻すんじゃなくて、法律を変えることで禁止するわけです。

メディカルドクターとの権力争いになると、じゃあメディカルドクターと同じカリキュラムでやればいいだろうということで、現在はオステオパシードクターは、アメリカではメディカルドクターと同じ地位を築いたわけですが、手技に対するこだわりが無くなってしまい、手技をやるオステオパシードクターは3%しかいないと言われています。

こういう経緯で日本にもオステオパシーが伝わり、現在は日本国中に広まったわけですが、何故か名前を一切聞きません。
しかし理学療法をやる人、鍼灸師、柔整師などはオステオパシーという名前ぐらいは知っていますし、学校でもオステオパシーと言われずにオステオパシーの技術を教えているところもあるようです。
筋エネルギーテクニック、カウンターストレイン、筋膜リリースなどが代表的な方法で、それを言うと「カイロプラクティックの学校で習った!」「リハビリの方法かと思った!」と言われます。最近は「筋膜リリース」という方法は雑誌Tarzanなどでも紹介されてますから、オステオパシーという治療法よりも、筋膜リリースという単独の治療法として独り歩きしてます。
本当は筋膜リリースもオステオパシーの理論に則って使わないと、単なるストレッチにすぎません。

Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com