王寺 三郷 斑鳩町 河合町 上牧町 香芝 広陵町 産後の骨盤矯正 子どもの自律神経

症例7

オスグッド

小学4年生
発症:ボールを蹴り続けると膝が痛くなり、しばらくは歩くのも痛い
    3ヶ月ほどサッカーを休み、痛みが治まったので再び始めたら再発
    病院で成長痛と言われた
 左足でボールを蹴るせいか、右足に比べてかなり筋肉が緊張していました。
内臓や横隔膜の緊張も無く、純粋に筋肉の使いすぎと判断しました。
 主に筋エネとストレッチで大腿四頭筋、腸腰筋をゆるめ、ハムストリングも 緩めていきました。後は、念のため脛腓関節を調整して終了。
 
 小学生は得意な足でしかボールを蹴らない傾向があるせいか、かなり片足のみ の筋肉がはっていて、足だけではなく大腰筋まで左右差がありました。
 大腰筋が緊張すると股関節か屈曲気味で固着しますから、結果として大腿四頭 筋が短縮しやすくなります。また、ハムストリングに影響し、膝の捻れにつながるこ とが多いです。

 とりあえず、ゲームをするときは正座でするようにとアドバイスしました。
その後も元気にサッカーをやっているようです。
 前にも書きましたが、小学3、4年で成長痛って・・・ありえない
ちゃんと触ってみれば脛骨粗面の隆起もないし、何より痛みの出る場所が違うのに。


  • 症例集へ