王寺 三郷 斑鳩町 河合町 上牧町 香芝 広陵町 産後の骨盤矯正 子どもの自律神経

症例36

反り腰

60代女性
反り腰を治そうと雑誌に載っていた体操をやってから朝起きた時に痛みが出るようになった。

普段体操を習っている先生から「腰が反り気味」と言われてそれを治すための体操を一回やったところ、
次の日から腰に痛みが出てきた。

検査すると確かに反り気味ですがそれほどひどいわけではなさそう。
それよりも股関節の硬さと背中の丸さのほうが気になる感じ。

痛みを訴える部分は腰のちょうど真ん中辺りで、前に曲げると痛い。
どうも、部分を治そうとすることで周りに負担がかかり、余計に痛みが増している状態。

股関節が後ろに行かなくなっていたため、股関節周りを調整し、それに連動して歪む足首の調整。
これだけでかなり反り腰はよくなり、腰も曲げられるようになった。

あとは、背中がまるまる原因になりやすい肋骨や横隔膜にアプローチ。

反り腰になる原因はたいていは体のバランスの代償であり、そこが原因になることはほとんどありません。
まわりを整えずに、部分だけ治そうとするとこのように悪化することが多々ありますから気をつけてください。




  • 症例集へ