王寺 三郷 斑鳩町 河合町 上牧町 香芝 広陵町 産後の骨盤矯正 不妊

症例2

産前の股関節痛
産後に股関節の痛みを訴える人はたくさんいます。

一つは妊娠中の姿勢からくる痛み
もう一つは出産の影響で骨盤が歪んでしまっている場合です。
この2つは当然、原因が違いますからアプローチのしかたも変わってきます。

20代女性
産後に股関節が痛くなりアグラができない状態。

話を聞くと、出産前は妊婦体操などで股関節のストレッチをやっていたのでちゃんと出来ていたそうです。
産後半年して初めて気付いたとか。

どうしても産後は子育てで忙しくて自分の体にかまってられないですから気付かなかったんでしょう。

股関節の検査をすると両方とも外に開くときに痛みが出ます。
普段も散歩をすると時間とともに痛みが出るらしい。

出産で内臓が下がったり、骨盤が捻れることで股関節が捻じれ、それで痛みが出るんでしょう。

一回目の施術で、痛みは出るものの少し開きやすい感じに。
家でもストレッチをするように指導。

五回目あたりで普通にあぐらが出来るようになりました。
それでもまだまだ硬い気がする。

その後、月2回半年ぐらいで出産前と同じぐらいの柔軟性になりました。

痛みはそのまま放置すると他の部分にまで歪んでしまい、結局はこじらせてしまいます。
骨盤が柔らかいうちに早めのケアが重要ですね。

  • 症例集へ